カプリコン1

 東京オリンピックまであと何日ですか?

映画予告編&あらすじ

当初はアメリカ航空宇宙局 (NASA) が協力的だったが、試写で内容を知ってから協力を拒否したことで有名な作品である。

 

全世界に先駆けて日本で初公開、1978年度洋画配給収入第8位(配収約8億円!)を記録した面白さ秒きざみのサスペンス・アドベンチャー巨編!
全世界を相手に地上最大の頭脳集団“NASA”が仕組んだビッグ・トリックとは!

 

『カプリコン・1』(Capricorn One)は、1977年末に日本で公開されたアメリカ・イギリス合作映画。アメリカでは翌年公開。

 

 

 

 

アポロ計画と都市伝説

月面着陸陰謀論

月面着陸した際、宇宙飛行士が一般的に公表されていることとは別のもの(宇宙人やUFOなど)を見たが、それをアメリカは隠蔽しているとする説。

 

月面着陸の映像はスタンリー・キューブリックが監督したのか?
ドキュメンタリー映画『Room237』は、キューブリックの後の作品である『シャイニング』に隠された意味について、ファンが独自の理論を展開するものですが、この中である人物はこの映画を、「キューブリックが月面着陸のでっち上げ映像製作の手助けをしたという告白のための映画である」という説を立てています。 

 

アポロ計画

1969年7月20日 アポロ11号が月面着陸。
1970年 日本で草川隆がSF小説として、『アポロは月へ行かなかった』を発表。
1972年 アポロ17号をもってアポロ計画終了。
1976年 アメリカのビル・ケイシングが『We never Went to the moon』を発表。陰謀論の端緒とされる。
1977年 アメリカで映画『カプリコン・1』公開、イギリスでテレビ番組『第三の選択』放送。陰謀論を信じるものを増やした要因になったとされる。

 

 

 

関連資料

アポロ11号 月面着陸から50年

米航空宇宙局(NASA)のアポロ11号が月面着陸を成功させてから7月20日で50年となる。この「偉大なる一歩」から半世紀が経ち、人類が再び月を目指すこととなった今、当時のミッションをさまざまな角度から振り返ってみたい。

 

 

 

好きな言葉

四つ葉

偶然は必然 シンクロニシティ

全てではないにせよ、一部は「偶然」によって起きているのではなく「必然な出来事」だと。 (ユング)

 
 

<5万部突破>太平洋戦争の大嘘が無料
ついに解禁!!
47年非公開にされた元米国大統領の告発
史上最大の戦争仕掛けた真犯人は誰か?

 

通常¥1,980のところ・・無料でどうぞ!

 

 

1946年(昭和21年)5月3日、東京。

 

マッカーサー

元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと
連合国軍最高司令官マッカーサーは

 

 

「太平洋戦争とはいったい何だったのか」
を3日間にも渡って話し合った。

 

 

そのとき、
日本人なら誰も思いもしないようなことを
フーヴァーは口にした…

 

 

「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。
あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、
日米戦争を起こさせた。

 

 

気が狂っていると言っても
精神異常なんかじゃない、
ほんとうに戦争をやりたくてしょうがなかった…

 

 

その欲望の結果が日米戦争になったんだ」

 

 

その言葉を聞いて、
マッカーサーははっきりと同意した…

 

 

私たち日本人は、小さい頃から

 

「日本が真珠湾を宣戦布告もなしに攻めて戦争を起こした」

 

「日本は残虐な悪い国だ」

 

 

ということを新聞でも、
テレビでも繰り返し教わってきました。

 

 

しかし今から数年前、
我々が耳にしてきた太平洋戦争の常識とは
真逆とも言える証言が、

 

 

47年公開を禁じられた
フーヴァー元大統領の回顧録から
次々と浮かび上がりました・・

 

***********

 

アメリカではこの証言をもとに、
歴史の見方が、世界の見方が、
少しずつ変わり始めているようです。

 

 

しかし、日本人にとって
こんなに重要な内容なのに、
日本の大手メディアは全く取り上げてくれません。

 

 

日本人が知らない太平洋戦争の
本当の筋書きとはどのようなものだったのか?

 

 

 

 

その真実を日本に広めたい思いから

今なら無料で本をお届けします。

 

 

大富豪の仕事術

 

販売価格:無料

販売条件:90日間返金保証

 
 

 

水素水3リットル分の水素をたった1分で!

毎日冷えで困っていませんか? 水素水3リットル分の水素をたった1分で!

水素を飲む、のではなく吸引しませんか?  水素吸引器の詳細はこちら

page top